旅先で出会ったおもしろい事・物を「動画・写真」を使って紹介します。       「すこ~しづつ リニュアルしていきます」 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北駅から九份(きゅうふん)までの旅 【動画つき】



※はじめに。九份(ジューフェン)の漢字部分は、お使いのパソコン環境により、正しく表示されない場合があります。また、感覚的に親しみやすいので、身勝手ながら”きゅうふん”と表示しました。



映画アニメ 「千と千尋の神隠し」でモデルとなった町、九份(きゅうふん)へ行きました。

ツアーで連れて行ってもらえるプランもありますが、旅はやっぱり自分たちで!というのが楽しいので、交通機関を利用して行ってきました。動画と写真(クリックすると大きくなります)があります。合わせてご覧下さい。

台北駅→瑞芳駅(電車),瑞芳→きゅうふん(バス)

前半ビデオです。後半は最後にあります。


旅のはじまりは台北駅

ホテルから地下鉄を利用して台北駅に行きました。
「台北」駅から九份(きゅうふん)の近くの駅、「瑞芳」駅を目指します。
ここまでは、自強号(日本で言う特急みたいな電車だと思います)を利用しました。

切符あらかじめ↓をメモして、見せて買いました。
   ・自強
   ・瑞芳
   ・2張(2枚)
   ・全票(大人)  
指定席です。ちなみに席順は、通路をはさんで偶数列と奇数列に分かれています。(グループで行った場合、数字が隣あってませんが、あせらず確認してくださいね)
台北 ホーム台北駅ホームです。
台北駅は、東京駅と違ってシンプルなのでホームも見つけやすいです。
切符を買ったあと、時間があったので、トイレに行き、コーヒーを飲みました。
駅構内は、禁煙でした。駅の外に大きな灰皿がありました。
自強号の中にもトイレはありました。ちなみに和式です。
40分ぐらいの旅です。車内アナウンスはない、と聞いたのでちょっと心配です。
ホーム瑞芳駅のホームです。
真ん中に見える「二月台」は、番線に当たるものみたいです。
弁当売りの人がいました。『ベントウ!ベントウ!・・・』と叫んでいました。
先ほど、車内アナウンスはない、と書きましたが、なにやらアナウンスはしていました。
が、台湾語(北京語?)なので、さっぱりチンプンカンプンです。
期待せず、駅の看板を見て降りることに集中すべし!です。
この日は、大勢の人が降りていました。
地図駅前にあるバス停から約20分で九份(きゅうふん)に到着です。
たくさん人が降りる停留所です。
みんなが歩く方向へと進みました。
パンフセブンイレブン横の入口(出口?)に入ると、お土産屋さんと甘味所が、ところ狭しと並んでいます。
山の斜面に建つ、熱海の温泉地って感じです。(温泉はないけど)
ここは、地元の方の観光地でもあるとの事で、中国語と日本語であふれています。
日本人もたくさん見かけました。
ちなみにコンビニは、この1件だけでした。暑い時期には、先に飲み物を買っておくと良いかも。
パンフ2町の中程まで行くと、よく旅行パンフに載っているところに着きます。
ここも大勢の人が写真を撮っていました。
台湾の学生さんらしい人に写真を撮ってほしい、と言われた(言葉が分からないけど、たぶんそう言っていると思う)ので、撮ってあげました。いーやーさんすー。
景色町の一番上までに行くと、海まで見渡せる場所に着きます。ここもちょっとした展望台みたいになっていました。この日は、曇っていましたが、晴れると気分が良さそうなところです。
お茶1時間ぐらい見て歩き、お昼を取ることにしました。
町の雰囲気と海が見えるお店に入りました。
その時のお茶です。
店長おすすめの、ポークステーキみたいなランチと小龍包をいただきました。
食べる事に夢中で写真を撮るのを忘れました。


●旅を振り返って

自強号は、特急だと思っていたので、さぞかし遠いんだろうと、迷子になってもいいように、
初日に行く予定を立てました。しかし、名前のイメージと違ってのんびり走る電車でした。
あとで知ったのですが、車で、台北市街地から1時間ぐらいだそうです。
なんと電車とあんまり変わらないんです。

九份(きゅうふん)は、台北の街と雰囲気が違って、昭和の匂いのする町でした。
おばあちゃんが営む駄菓子屋さんがあったり、民芸品のお店があったりと、
古都と表示されている通り、懐かしい感じのところです。

この町は、山の斜面にあるので、歩くのにちょっと疲れます。
休憩がけら、お昼を取る時間をとってプランを立てるとゆっくりできると思います。

また、バス停が分かりずらいので、帰りの際は気をつけてください。


ツアーに参加するのも楽しいと思いますが、自分らで行くのも楽しいものです。
このルートは、シンプルなので、降りる駅さえ間違えなければスムーズに行けると思います。
ちょっと間違えて珍道中するのもいい思い出になると思いますが、何せ海外なので、気をつけてください。(台湾の方々は、とても親切な人が多かったですが)


後半ビデオです。


参考;訪れた日【2007年6月11日】


自強号の席   自強号の座席の写真を発見したので追加しました。
   この席は、偶数の列です。
   ちなみに、私たちは、奇数席でした。




最後まで読んでくださってありがとうございます。



↓ランキングに参加中です。良かったらポチをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Genre : 旅行 台湾旅行

Comment

19    #-
初めてお邪魔しまーす

映画アニメ 「千と千尋の神隠し」でモデルとなった町、は台湾の九份っていう所だったんですかー
私はベトナムのダナンという街に4年住んでいたのですが、すぐ近くにホイアンという世界遺産にも認定されている場所があります
ホイアンへ初めて行ったとき、「アレッ?!ここ知ってる、千と千尋の神隠しに出てくる街とソックリ」って思いました
実際には違うのですが
特に、夕方から夜が雰囲気のある場所で一見の価値がありますよ!機会があれば訪れてみて下さい
2009.02.28;Sat 20:56/aiaru08/   [URL][Edit]

20 aiaru08さん 訪問ありがとうございます   #-
コメントありがとうございます。
九份も夕方にはちょうちんに明かりが点き、より「千と千尋の神隠し」のイメージに近いような気がします。是非一度いってみてください。

ベトナムはハノイしか行った事がないので、ホイアンの事は知りませんでした。

台湾もそうですが、ベトナムもバイクの多さにびっくりでv-12道路を渡るのも慣れるまで怖かった事を思い出しますが、ベトナム料理にもはまってしまいました。e-454


2009.03.01;Sun 16:47/chirokun/   [URL][Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://mitikusanotabi.blog81.fc2.com/tb.php/4-9e05bf4e
プロフィール

chirokun

Author:chirokun
↑これを撮った人。
激安ツアーの自由行動型プランを利用して、気ままな旅をしています。

ポインタ・スイッチ




今の時間だニャ~
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
お役立ちリンク
「旅々台北.com」



JTBトップ





RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

World-Word-JS版翻訳
Present's by サンエタ
サイト内検索
リンク
参加ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
人気ブログランキングへ

↑応援お願いします。↑
便利グッツ

TSAロック付きで容量が増やせる
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
今までの訪問者さま
現在のお客様
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。